不動産をめぐる課税上の論点整理(租税調査会研究報告第 39 号)

 不動産をめぐる課税上の論点整理(租税調査会研究報告第 39 号)が2022年5月27日に公表されました。
 
最近では、相続時における不動産の財産評価額をめぐり税務訴訟が起こっていることもあるので、実務家が不動産の「時価」を検討する中で、評価額の算出が悩みの一つとなっています。
本研究報告では、相続時における評価の問題点だけではなく、取得・保有・移転時での問題点、民法と税法との関係性など、多岐にわたって検討しており、実務家が日々取り組んでいる課題そのものが整理された研究報告となっています。
 なお、政府は令和4年度税制改正大綱(令和3年 12 月 24 日閣議決定)において「資産移転時期の選択に中立的な税制の構築に向けて、本格的な検討を進める。」としていますが、本研究報告では、その税制についての政策提言はしておらず、現行の税制においての問題点の論点整理にとどめられています。

【クイノス総合会計事務所 概要】

所在地愛知県名古屋市西区那古野2-14-1
代表者新井康悦
URLhttps:// quinnos-cpa.com
事業内容監査証明、IPO・経理業務支援業務

【お問い合わせ先】

URL https://quinnos-cpa.com/contact/
e-mailinfo@quinnos-cpa.com
TEL 052-564-1077

この記事を書いた人

新井 康悦

新井 康悦

フルリモート型会計監査を提供するクイノス総合会計事務所代表 公認会計士
有限責任監査法人トーマツ→上場企業 財務経理部長・IR部門責任者→クイノス総合会計事務所