租税調査会研究報告第39号「不動産をめぐる課税上の論点整理」の公表について

 日本公認会計士協会より、不動産をめぐる課税上の論点整理(租税調査会研究報告第 39 号)が2022年5月27日に公表されました。
 最近では、相続時における不動産の財産評価額をめぐり税務訴訟が起こっていることもあるので、実務家が不動産の「時価」を検討する中で、評価額の算出が悩みの一つとなっています。
 本研究報告では、相続時における評価の問題点だけではなく、取得・保有・移転時での問題点、民法と税法との関係性など、多岐にわたって検討しており、実務家が日々取り組んでいる課題そのものが整理された研究報告となっています。

2022/5/27 租税調査会研究報告第39号「不動産をめぐる課税上の論点整理」

以上

クイノス総合事務所は上場会社を除く法定監査・任意監査に特化した監査サービス及び各種コンサルティングサービスを提供しております。
監査では金融機関の要請に基づく任意監査、非上場の会社法監査、投資事業有限責任組合・特定目的会社の会計監査、社会福祉法人・医療法人・学校法人の会計監査、労働組合の会計監査などに特化しているため上場会社を監査している監査法人等と比較し、会社規模やリスクに見合った効率的かつ効果的な監査を柔軟に行うことを基本方針にしています。
コンサルティングにおいては経理業務支援やIPOコンサルティングを効率的かつ質の高いサービスを適正な報酬でご提供しています。
各種法定・任意監査や各種コンサルティングのご依頼・ご相談は、お電話または以下のお問い合わせフォーム(24時間年中無休)にてお気軽に問い合わせください。(相談料無料)

【お問い合わせ先】

URL https://quinnos-cpa.com/contact/
e-mailinfo@quinnos-cpa.com
TEL 052-564-1077

この記事を書いた人

新井 康悦

新井 康悦

フルリモート型会計監査を提供するクイノス総合会計事務所代表 公認会計士
有限責任監査法人トーマツ→上場企業 財務経理部長・IR部門責任者→クイノス総合会計事務所