東京証券取引所より「コーポレートガバナンス・コードへの対応状況」が公表されました。


株式会社東京証券取引所より、2022年8月3日に「コーポレートガバナンス・コードへの対応状況」が公表されました。(https://www.jpx.co.jp/news/1020/nlsgeu000006jro6-att/nlsgeu000006jrqr.pdf
 
当該資料では2022年6月の定時株主総会後(7月14日)までに上場会社※が提出した「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」に基づき、改訂・新設コードの各原則にかかる対応状況について、情報提供を行っています。
※東証プライム及びスタンダード市場に上場している計3,293社

ここではコーポレートガバナンス・コードの新設項目とその開示例やポイントにつき解説しています。

項目名【企業の中核人材における多様性の確保】の開示例

女性関連
• 女性がお客様である商品・サービスも多く、女性の視点・発想をこれまで以上に取り入れていく必要有

外国人関連
• デジタル人財等、国内外を問わず外部からの優秀な専門人財の獲得に積極的に取り組み、多様性に富んだ中核人財
を確保
• 海外売上比率の高まりに合わせ、海外事業展開を支える海外拠点におけるキーポジションへの外国人及び現地採用人財の登用を拡大

中途採用者関連
• ビジネス環境の激しい変化の中で、高度化している各種課題に対応し、企業価値向上と社会に貢献し続けるためには、高度な専門性や多様な視点・価値観を尊重することが重要
• 事業ポートフォリオの転換とこれに続く事業強化を進めていくには、内部人材の有効活用だけでなく、強化すべき事業領域に必要な人材の中途採用は不可欠

項目名【サステナビリティを巡る課題への取組み】のポイント
・ 企業価値向上に向けて、自社に重要と考えられるサステナビリティを巡る課題への取組みの開示が進展
・ 「ダイバーシティ・多様性」「従業員・社員」「人的資本」など人的資本関係を重要なサステナビリティ課題と捉える会社が多い傾向
・ TCFD以外のフレームワーク等を参照して開示する事例も存在

以上

クイノス総合事務所は上場会社を除く法定監査・任意監査に特化した監査サービス及び各種コンサルティングサービスを提供しております。
監査では金融機関の要請に基づく任意監査、非上場の会社法監査、投資事業有限責任組合・特定目的会社の会計監査、社会福祉法人・医療法人・学校法人の会計監査、労働組合の会計監査などに特化しているため上場会社を監査している監査法人等と比較し、会社規模やリスクに見合った効率的かつ効果的な監査を柔軟に行うことを基本方針にしています。
コンサルティングにおいては経理業務支援やIPOコンサルティングを効率的かつ質の高いサービスを適正な報酬でご提供しています。
各種法定・任意監査や各種コンサルティングのご依頼・ご相談は、お電話または以下の問い合わせフォーム(24時間年中無休)にてお気軽に問い合わせください。(相談料無料)

【お問い合わせ先】

URL https://quinnos-cpa.com/contact/
e-mailinfo@quinnos-cpa.com
TEL 052-564-1077

この記事を書いた人

新井 康悦

新井 康悦

フルリモート型会計監査を提供するクイノス総合会計事務所代表 公認会計士
有限責任監査法人トーマツ→上場企業 財務経理部長・IR部門責任者→クイノス総合会計事務所