公認会計士・監査審査会「監査事務所等モニタリング基本方針」の公表について

公認会計士・監査審査会(以下審査会。)は、2020年5月20日に「監査事務所等モニタリング基本方針-監査品質の持続的な向上の促進-」を策定し、公表しました。 公認会計士・監査審査会は 公認会計士監査の品質の向上を図り、その信頼性を確保することにより、資本市場の公正性と透明性を高めることを使命として、投資者の資本市場に対する信頼の向上に取り組む金融庁所管の組織です。

〔本基本方針の主なポイント〕

 審査会は、社会全体のデジタル化の進展、新型コロナウイルス感染症の拡大、ウクライナ情勢等の国際情勢の変化など、監査事務所をめぐる環境が急速に変化する中、当該環境変化を踏まえた効果的・効率的なモニタリングの実施を通じて、監査事務所自らによる監査の品質の確保・向上を継続的に促すとともに、監査事務所における監査の品質管理を含む業務の適正な運営の確保に努めます。特に、モニタリングの実施においては、以下の点を重視します。

● 品質管理システムの円滑な導入に向けた監査事務所における準備・対応状況の確認・検証

● 上場会社の監査を行う監査事務所に対する監査品質の確保・向上

以上

クイノス総合事務所は上場会社を除く法定監査・任意監査に特化した監査サービス及び各種コンサルティングサービスを提供しております。
監査では金融機関の要請に基づく任意監査、非上場の会社法監査、投資事業有限責任組合・特定目的会社の会計監査、社会福祉法人・医療法人・学校法人の会計監査、労働組合の会計監査などに特化しているため上場会社を監査している監査法人等と比較し、会社規模やリスクに見合った効率的かつ効果的な監査を柔軟に行うことを基本方針にしています。
コンサルティングにおいては経理業務支援やIPOコンサルティングを効率的かつ質の高いサービスを適正な報酬でご提供しています。
各種法定・任意監査や各種コンサルティングのご依頼・ご相談は、お電話またはお問い合わせフォーム(24時間年中無休)にてお気軽に問い合わせください。(相談料無料)

この記事を書いた人

新井 康悦

新井 康悦

フルリモート型会計監査を提供するクイノス総合会計事務所代表 公認会計士
有限責任監査法人トーマツ→上場企業 財務経理部長・IR部門責任者→クイノス総合会計事務所